冬休みの最後に

日常

楽しかった楽しかった年末年始の休みが完全に終わってしまった。悲しい。切り替えて仕事がんばっていきましょう。

土曜日は仕事後に名駅まで出向いて飲み会。ものすごーく久しぶりで、どっちに行けば金時計側なのかとか全然わからなくなってた。人多すぎるし…雲霞の如くどこからか湧いてくるの不思議すぎる。やっぱり都会はこわい。

20年前の懐かしい話をしたり、生死を彷徨った人がいたり、近況をいろいろ聞けて懐旧の情に浸った1日だった。あっという間の2時間。

そして、運命の日曜日。そう息子のお友達が初めて遊びにくる日…!時計が少し読めるようになった息子に11時になればお友達が遊びにくるよって言うと遊ばないとか言ってどうしようかと思ったけど、来たらめちゃくちゃ笑顔で出迎えて遊んでた。ただの天邪鬼か。

お互い気を使わないように、お昼ごはんは宅配にしたり、夕食の準備があるから16時ごろで早めに解散したり、思ってたほど緊張はしなかったかも。子どもたちもときおり泣いたりするものの基本は楽しそうに遊んでて、解散したら疲れたのかすぐ寝たよ。

それにしても4歳児同士のコミュニケーションは非常に面白い。子ども同士がじっくり話しているところを見たことがなかったんだけど、よくそれで意思疎通できるなって会話で会話が成立してる。

お互い言いたいことしか言ってないのに、話を聞く時はちゃんと聞いてる。遊びの順番も僕が先ね!ってお互い主張し合うんだけど、なぜか丸くまとまって順番に遊んでる。マジですごい。大人もこんなコミュニケーションとれれば、みんなハッピーになれそう。時々ぶつかって喧嘩することはあるけど、ものの数分で仲直りするのもすばらしい。おれの理解の範疇を超えている。

子どもは子ども同士遊ばせるのがやっぱり一番なんだなと思った。

また遊びにきてください。

 

コメント